「ジャズピアノ弾こうよ!」top

 

 

曲ごとにCDご紹介!

 

曲名ごとに、その曲が演奏されているCDを検索できる素晴らしいサイトです。

  ↓  ↓

Nelson's Navigator for Modern Jazz

http://homepage1.nifty.com/ModernJazzNavigator/index.htm


こちらも、「スタンダード・ナンバー・曲名」のコーナーで、曲名から、筆者お薦めの
CD
YouTubeの動画を探すことができます。

『mirukoの時間』

 

◆以下は、私Swingyが、ジャズピアノ学習者用にセレクトしたCDです。

Fブルース■

http://jazzpiano-hikouyo.com/study/h3-bluestunes.html

 

■枯葉■

◆◆ A 比較的分かりやすい演奏 全てKey Gm ◆◆

 

 ◆A1 ピアニストがリーダー

 

ウィントン・ケリー 

2種類の録音があり、どちらもやや遅めでみんなにコピーされてきた標準的演奏

 

Wynton Kelly!(邦題:枯葉)」テーマ、アドリブとも3〜4、11〜12小節目の

BbM7EbM7|が|Bm7E7Bbm7Eb7|に細分化されている

 

Full View」こちらの方が、やや元気で派手目 アドリブの時のみ、上記の進行利用

 

ビル・エバンス「Portrait In Jazz

スコット・ラファロ()ポール・モチアン(ds)との歴史的名演。

イントロをまねしたくなる()

エバンスのライブ録音もありますが、僕が聞いたものは、皆ベースをフューチャーして、

ピアノはソロをとっていません。

 

ヨス・バン・ビースト 「Swingin' Softly

余裕たっぷりでイイ感じ

 

ジュニア・マンス「Blues And Ballads In The Night

遅め。聞きとる練習に良さそう。

 

ケニー・ドリュー「Kenny Drew Special

軽やかで良く弾みスピーディー = イキの良い演奏。

 

ボビー・ティモンズ「In Person

「モーニン」の作曲者としても有名。彼は何を弾いても楽しい演奏になる。

 

ハンク・ジョーンズ&トミーフラナガンDUO 「Our Delight

ピアノ2台で楽しい演奏。二人の演奏、よく似ています。

 

 

 ◆A2 ピアニスト以外がリーダー

 

キャノンボール・アダレイ(as)Somethin' Else

最初に枯葉をジャズ化した演奏。

アレンジ:マイルスデイビス(tp) ピアノ:ハンク・ジョーンズ

ライブ盤「In Europe」などもぜひ。

 

 

◆◆ B その他たくさんの名演 ◆◆

 Gmでない、難易度高い、ピアニスト以外がリーダーなどなど

 

 ◆B1 ピアニストがリーダー Gm

 

辛島文雄「The Elysian Air

ピアノはもちろんかっこいい。ピアノソロ時のベースや、ベースソロ時のドラムも

じっくり聞いてみて欲しい。

 

John HicksIs That So

スピーディーでグイグイ引っ張る感じの演奏。

 

キース・ジャレット「Still Live

ディジョネットのドラムが熱く、キースのうねうねとしたラインもいつにもまして

スリリング。

 

チック・コリア「Akoustic Band

スパッと気持ちよく、斬新でかっこいい。結構ハマりました。

 

マッコイ・タイナー「Revelations

豪華絢爛なソロピアノ。「枯葉」ソロピアノの演奏がなかなかないですね。

 

ミシェル・ペトルチアーニ(Piano)&エディ・ルイス(Organ)

Duo In Paris」 息もつかせぬスリリングなデュオ。

 

 

 ◆B2 ピアニストがリーダー Gm以外

 

エディ・ヒギンス「Bewitched Fm

速めでスウィングしていた演奏が、突然クラシック風のアレンジになるところで

「ヤラレタ」って感じ()

 

オスカー・ピーターソン「Something WarmFm

軽やかさと力強さが同居する演奏でグイグイスウィング。

 

小曽根真 「Dear OscarFm

オスカー・ピーターソンのアレンジで。

 

レイ・ブライアント「Con Alma Em

豪腕を押さえて押さえて軽やかに演奏してるけど、時々ベースがゴーン!と来る

ところが、モダン以降の人との違いかな。アートテイタムから影響も強く感じました。

 

デレク・スミス「Love For Sale Dm

全然知られていませんが、いつもガンガン、ノリノリで楽しいですよ。

「はねすぎ!」って言われそうな演奏だけど()

 

エロル・ガーナー「Concert By The SeaEbm

シャンソンのイメージでの枯葉なのかな。かなり仰々しいバラード。

トリオ演奏だけど、ソロピアノみたい・・・。

 

スティーブ・キューン 「Love Walked In Cm

3拍子でしかもCm、さらにメロディをはっきり弾かないから、さらっと聴いてると

「枯葉」と気がつかないかも。

 

 

  B3 ピアニスト以外がリーダー

 

サラ・ボーン (Vocal) 「枯葉」in Bbm

通常の歌ものとは違う。歌はメロディ&歌詞なしでスキャットのみだし、速いテンポで

バンドとして一体感があって凄い。

ピアノ:ローランド・ハナ  ギター:ジョーパス

 

綾戸智恵 (Vocal)Gm 

サラ・ボーンにならってスキャットのみ ピアノ:中村真

 

チェット・ベイカー(Tp) Fm

エレピ:ボブ・ジェームス エレピであることや、録音の音質の傾向もあってか

4ビートでもフュージョンぽいです。

 

ポール・デスモンド(as)A&M Gold Series Fm

上記チェット・ベイカーの枯葉にも参加している、デスモンドの優しく暖かなボサノバ

 そういえばこの人、演奏は大人しいけどテーマ部分でも元のメロディほとんどなしで、

すぐにアドリブに突入します。

ピアノ:ハービー・ハンコック

 

ウィントン・マルサリス(tp) 「スタンダード・タイムVol1

倍テンのおばけみたいなリズムの変化が凄いスリル。

どう書けばいいのかわからないが、2/2、3/4,4/4、6/8、8/8みたいな感じ

ジェフ・ワッツ(Drums)のアレンジらしい。 ピアノ:マーカス・ロバーツ 

 

ジェレミー・ステイグ(Flute) 

ピアノ:ビル・エバンス アレンジは、エバンスのトリオの時とよく似ているが、

ベースソロの替わりにドラムソロや、ドラムとエバンスのからみがある。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ジャズピアノ弾こうよ!」topは↓

http://jazzpiano-hikouyo.com/