HP『ジャズピアノ弾こうよ』のトップはこちら

 


Swingyの好きな音楽 (ジャズを中心に) 

  


♪初めて聴いたジャズのアルバム  (1989年のこと)

五拍子の曲はないかと聞いて教えてもらった「Take Five」、

この曲の入っているCDを探して聴いたところ、

とても面白かったことから、ジャズを聴くようになりました。

↓↓
Hey! Brubeck Take Five!」 デイブ・ブルーベック・カルテット


幸い、次に聴いたこのアルバムも気に入りました。
We get Requests (プリーズ・リクエスト)」 オスカー・ピーターソン
彼のオリジナル 「You Look Good To Me」がとても親しみやすかった

のです。

同じく、オスカー・ピーターソンの「Night Train」のラストに入っていた、
「自由への讃歌」に感動。こういう演奏がしたいと思いました。
今は合唱曲としても歌われているようです。


1990年代(20代)によく聴いていたアルバム

◇バド・パウエル(piano)


 「Jazz Giant
良くも悪くも感情的な演奏だけれど、僕は大好きです。
激しく緊迫感のある「Tempus-Fug-It」、切ない「I'll Keep Loving You
のほか、急速調で、アレンジもかっこいい「Cherokee」、せつなく美しい
Body&Soul」など、息もつかせぬハイテンションな演奏を中心に名演

がずらり。

Amazing Bud Powell Vol.5」 
人気曲「クレオパトラの夢」収録。
マイナー調の似通った曲ばかりだし、演奏もかなりよろけ気味なのに
大人気のアルバム。これが人気あるならできそうと思ってしまったわけ

です()

Sonny Stitt -Bud powell - J.J.johnson
これはバド・パウエル絶頂期のセッション。
今でも、朝、さっと元気になりたいときにこれを聴きます()
また、メンバーの違う二つのセッションが好対照。


◇ミシェル・カミロ「Michel Camilo
これはハマりました!
スピーディーでスリリングでキレキレなラテンジャズです。
ぜひライブを体験してほしいです!


◇レイ・ブライアント「Alone at Montreux
ソロピアノで、ガッツリとブギウギやブルースをやっています。
ライブ盤でとても楽しいです。


◇ビル・エバンス「Moonbeams
僕が一番好きなエバンスのアルバムはこれなんです。あんまり人気

ないですけど。一曲目の不安定な感じも好きだし、二曲目以降の穏

やかさは大好きです。


◇ジョージ・シアリング「Jazz Moments
一音一音丁寧に紡ぎ出される、とても優しく暖かい音のピアノです。
こういう音が出せたらなあ。


◇ケニー・ドリュー「ケニー・ドリュー・スペシャル」
彼のスイング感、スピード感はとても好きでした。


◇チック・コリア「Chick Corea Akoustic Band
スカっとしたキレのいい演奏でよく聴きました。


◇ハービー・ハンコック「The Piano
後半のオリジナルが優しく切なく、お気に入りです。

ラストのブルースもかっこいい!


◇綾戸智恵「A Song For You
彼女のインディーズ一枚目。たまたま雑誌のプレゼントでもらって
すぐに気に入りました。
迫力の低音ボイスだったので、ライブハウスで初めて見たとき、あまりに
小柄なことにびっくりしたのを覚えています。
間近で見られた頃、ほんと楽しかった!


◇ ベン・ウェブスター(tenor sax)
Soulville」  


渋いです。 
やさしく温かく、ときに力強く豪快に。ハスキーなテナーサックスの
音色からは、酸いも甘いも噛み分けた、男の色気を感じさせます。
秋から冬への長い夜、ひとりでじっくり浸りたい一枚。
一曲ならCDBen Webster On Emarcy -master takes」に収録の

Old Folks」。僕が死んだら葬式にはこれを流して欲しい()


土岐英史(alt sax)
In A Sentimental Mood

んーー、彼のバラードは世界一。甘く優しく切ない音色が、

もーたまらない。こんなのありですか?


◇ポール・デスモンド(Alt Sax)Easy Living

前出、デイブ・ブルーカルテットのアルトサックス奏者です。
いつでも優しい音ですが、このアルバムは全員優しい音で、まるで

子守唄。寝るときのお供です。


◇イリノイ・ジャケー(Tenor Sax) 「The Comeback

とにかく熱い! こてこて、乗りまくりLIVE!
上記ポール・デスモンド同様、「Easy Living」が演奏されるけれど、
とても同じ曲とは思えない、渋く、重たい仕上がり。どっちも大好きです。

*アルトサックスは甘く優しい音が好きで、上記の他に、ジョニー・ホッジス

も好きです。
*テナーサックスは、ダミ声的な音が好きで、ウェブスター、ジャケーの他、
ジョニー・グリフィン、ジョージ・アダムス、アーネット・コブらが好きです。
例外もあります()


◇ファラオ・サンダース(Tenor Sax)Live!」 
サックで吼える、声でも吼える、ピアノも狂ったように弾きまくる、熱狂の

ライブ盤。


◇「Tribute To John Coltrane」デイブ・リーブマン、ウェイン・ショーター、
リッチー・バイラーク、エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネット、
上記と並んで、史上まれに見る凄まじいライブです。CDとビデオがありました。


◇森山威男(drums)
Live At Lovely
とにかく、凄い! 壮絶! 
嵐のようなドラムに全くひけをとらない板橋文夫のピアノも世界最強!
バラードにおける森山さんの日本的なドラムがまた素晴らしく感涙もの。

 

上記のメンバーとは違いますが、ライブ映像がありました。

森山 威男 Septet  Sunrise

http://youtu.be/2K5p-HONQ_w

 

森山 威男 SextetGoodbye

http://youtu.be/RcfIMgspou4



◇メイシオ・パーカー(Alt Sax  ファンク) 「Planet Groove
ジャズから少しだけ離れますが、これも最高!
これが、GROOVE! とても力強い、強烈なグルーブです。
このノリをなんと表現したらいいのか・・・。
とにかく、むちゃくちゃファンキーで熱い熱い演奏です。


ジャズから外れたついでに、これも
Dr.John Gumbo 
ニュー・オリンズR&Bの名曲を、渋いダミ声と楽しいピアノで!


◇ミュージカル「Black and Blue
声も見た目も迫力満点な黒人女性三人が、ジャズやブルースの名曲を
歌うのですが、これが超かっこいい!!
サウンドトラックCDは入手可ですが、DVD未発。出たらぜひ見て欲しい!



2000年代(30)によく聴いていたアルバム

◇スタン・ゲッツ&ケニー・バロン「people time

スタン・ゲッツ(ts)最後のレコーディングとなったこのアルバム。
特別なことは何もやっていない。だけど、集中力が、気迫が違う。
最高に素晴らしい普通。


◇ケニー・ギャレット「songbook

しょっぱなから勢いよく飛び出していく。そうでない曲も途中から
ぐんぐん盛り上がってかっこいい。特にケニーギャレット(as)
盛り上がり方は見事で、うまくつぼにはまる感じ。 自作のバラード
も知的かつ美しい。
ドラムのジェフ・ワッツは音数もグルーブも凄まじく、ピアノの故ケニー・
カークランドも、センスとスピード感と力強さを兼ね備えてかっこいい。
かなりはまったアルバムです。
同じくケニー・ギャレットの「Simply Said」は大人しめですが、

ポップでおしゃれでかっこいいです。


◇ミシェル・ペトルチアーニ「Trio In Tokyo
言わずとしれた名盤。曲も、演奏も、最高です。お薦め!



◇ディック・モーガン「See What I Mean?
無名なピアニストですが、このアルバムだけ大好きです。
これの一曲目、タメの効いたブルース。こう弾きたいんだなあ!


◇マリーナ・ショウ&フレディ・コール「When Youre Smiling
デュエット+ピアノトリオでの楽しい楽しいライブ盤! 音も素晴らしい。
お薦め!

 

◇チャーリー・ヘイデン 「Nocturne

00年代の就寝CDはこれでした。特に夏、涼しく寝たい時にお薦め。

 

 

ジャズ以外では、近藤房之助のライブやCDを良く聴いていました。

他にも、柳ジョージ、小島麻由美、倉橋ヨエコ、Ego-Wrappin’など

やはりジャズやピアノと縁のある音楽が多かったです。

 


2010年代(40代) 良く聴いているCD
      ↓  ↓
ブログの「★2011〜12年 よく聴いたCD」 



◆よく行ったライブ 1990年代〜現在まで

ピアノ: 佐藤允彦、小島良喜、辛島文雄、ミシェル・カミロ
ボーカル:酒井俊、綾戸智恵、池田なみ
サックス:梅津和時(アルトサックス)、山田穣(アルトサックス)
ドラム: 森山威男

-----------------------------------------------------------

◆ジャズ以外だけどとても好きな、そしてお薦めの音楽

「ヒメネ・タラヴァ」
「地球の音」というエスニックサウンドコレクションの一曲、
タヒチの合唱で「ヒメネ・タラヴァ」という歌がある。
いわゆる合唱の声ではなく、島国に普通に生活するおじちゃん
おばちゃんの声だが、明るく伸びやかで圧倒的に力強い、
生命力溢れる声、合唱。
生きている幸せをたたえた素晴らしい歌。


フェラ・クティ(アフリカン・ファンク)
Underground System
少しも洗練されない、土臭い濃密な音や声、延々と続く強力で強烈な
リズム。生命力そのままの音楽。

------------------------------------------------------------


◆バイブルとしている本  

「キースジャレット 音楽の全てを語る」 立東社 (絶版)

即興演奏をするとはどういうことかを、言葉にできる範囲で知る
ことができる。知的好奇心を駆り立てられるし、かなり刺激を受けた。

上記の本を、キースが加筆修正した「inner views」という本も
あるが、それも絶版。

キースのCDは実はあまり聴かないのですが、完全即興演奏のCD

では、「Solo concerts」。

スタンダードではソロでの「The Melody at Night With you」やデュオ

での「Jasmine」が好きです。



「偶感集」 野口晴哉  全生社  

昭和の天才整体師の本。病気と健康に関するエッセイ集
あちこち体の具合が悪いと思っている時に読んで衝撃を受けた。
これは全生社のHPでしか買えませんが、↓は書店でOK.

同じ野口晴哉に関する本で、彼の奥さんが書いた
「回想の野口晴哉 〜朴歯の下駄」 野口昭子 ちくま文庫


は、晴哉氏と昭子氏の日常のやりとりがたくさん書かれていて、
その中から、心と体に関するさまざまな言葉が、ストレートに飛び
込んできます。とても面白く、刺激的でもあり、繰り返し読んでいます。


-----------------------------------------------------------

「外山浩之」で検索して表示されるものの内、音楽に関して
書かれていないものは、全て私ではありません。また、私が
このHPの掲示板やブログに書いた記事が、全く別のブログに
そのまま、あるいは誤字混じりで書かれていたりすることが
あります。
常にこのHPのトップページからご覧下さい。
  ↓ ↓

HP『ジャズピアノ弾こうよ』のトップはこちら



ここまでswingyこと、外山浩之記入
***************************************************************